読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

foldrr's weblog

旧ブログ http://d.hatena.ne.jp/foldrr/

MacとRaspberry PIをシリアル通信で接続する

MacとRaspberry PIをシリアル通信で接続する

環境

  • Mac OS X 10.8.5
  • Raspberry PI type B - FTDI TTL-232R-3V3 - ブレッドボード・ジャンパーワイヤ(オス-メス)

問題

MacとRaspberry PIをシリアル通信で接続したい。

解決方法

まず以下が必要。

  • FTDI TTL-232R-3v3 x1本
  • ブレッドボード・ジャンパーワイヤ(オスーメス) x3本

FTDI TTL-232R-3V3は秋月電子で購入。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-05840/

ブレッドボード・ジャンパーワイヤ(オス-メス)も同じく秋月電子で購入。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-03472/
一袋に10本入っているので1袋買えば十分だが、
3本とも同色になってしまい分かりにくいので3色(計30本)を購入。

上記を用意したら実際に接続する。
FTDI TTL-232R-3V3に、ブレッドボード・ジャンパーワイヤ(オス-メス)のオスを接続する。
FTDI TTL-232R-3V3の黒、橙、黄に接続する。
色違いのケーブルを用意するなりラベルを貼るなりして分かりやすくするとよい。
f:id:foldrr:20131013201357p:plain

次にブレッドボード・ジャンパーワイヤ(オス-メス)のメスをRaspberry PIへ接続する。
前手順のケーブルの色を参考にピンを間違えないように。
下記写真でRaspberry PI側の3つ隣り合っている部分が、FTDI TTL-232R-3V3の 黒、黄、橙となっていればよい。
(黒、橙、黄ではないので注意)
f:id:foldrr:20131013201350p:plain

ここまでできたら、Raspberry PIの電源を入れる。
次にFTDI TTL-232R-3V3のUSBケーブルをMacにつなぐ。
この電源投入とMacとの接続の順番を逆にしてしまうとうまくいかないので、かならず先にRaspberry PIの電源を先に入れること。

そしてMac側でターミナルを起動する。 デバイス名を確認するため、以下のように入力する。

$ ls -l /dev/tty.usbserial-*

Raspberry PIへ接続するため、上記で確認したデバイス名を元に以下のように入力する。 以下例の "FTGCT1MX" の部分が環境によって異なるので、 以下をそのままコピペしても動かない場合があるので注意。

$ screen /dev/tty.usbserial-FTGCT1MX 115200

ターミナル画面が真っ黒になるが、慌てずにenterを押す。
以下のようにRaspberry PIのログイン画面が表示される。
f:id:foldrr:20131013201347p:plain

終了する際にRaspberry PIの電源を切るなら、以下のようにする。

sudo shutdown -h now

FTDI TTL-232R-3V3をMacから抜くとターミナルが元に戻る。
ただ、プロンプトの表示がおかしくなっている場合があるので、そのセッションは一度閉じた方がいいかも。

以上。